ブログ一覧

Dnipro(ドニプロ)で生活して感じたこと

治安

日本の皆さんはおそらくウクライナと聞くと真っ先に「治安はどうなの?」って考えてしまうと思うんですよね。

日本って本当に島国で、井の中の蛙というか…。確かに2014年にはクリミア危機があったりしましたが、それはいまとなっては情勢は非常に安定していますし、ウクライナ自体がEUに加盟することを目標にして各種整備している段階です。

ウクライナ国家元首の取り組み姿勢(2020年8月26日時点)

ですので、正直、政治的にも周りの東ヨーロッパよりは安定しているのは紛れもない事実です。例えば、ルーマニアやブルガリアと比べてみたらその事情(今もなお、政権打倒のためのデモが続いています)このあたりの実情は現地で生活したものにしかなかなか理解できないので、日本におられる皆さまには伝わり難いとは思いますが、そうした国々に比べ、今のウクライナは政治的に安定しております。EU加盟については、五年先なのかはたまたその先の10年先なのかは分かりませんが、EU側はウクライナが加盟することを経済的な観点から望んでいるとの声は良く耳にしますね。(政府筋からの情報)

これまでに築きあげられた、マスコミによる情報操作で作られたイメージを払拭することがかなり大変だということは、これまでのわたくし自身の経験からも良く理解しています。しかしここで伝えておきたいことは、犯罪に関して、確実にウクライナよりも今の日本の方が遥かに凶悪犯罪が多いことです。そして、なぜそれを日本人が気づいていないのか本当に理解に苦しみます。実際に生活をしてみて、街でパトカーのサイレンなんかはめったに聞きません。日本が異常なほど猥褻事件や交際の縺れからの殺人事件、死体遺棄事件が多く、対してここDniproではそうした事件のニュースを目にすることもありません。わたしはマスコミを全くでは無いにせよ信用してません。自分の目でしっかりと物事の本質を見極めることができる人にこそ、ここDniproに来て欲しいと願っております。決して個人の意見だけに左右されないようにしてください。よく個人的にブログやYouTubeを掲載している人がいますが、こちらは大きな組織として運営しており、政府高官などもサポーターとして加わっているため、政財界からの多角的な視点でアドバイスを可能としておりますので、もし疑問点などがございましたら是非お尋ねください。

住居

では生活スタイルの一部を紹介したいと思います。私の住んでいるアパートはこんな感じの超ハイスペックなオシャレな部屋です。セキュリティーも最高レベルで何一つ不自由なしの生活を送ってます。家賃に関してですが、写真には写ってはいませんが、12畳以上もあるベッドルーム、バルコニーそして大きなバスタブ🛀付きのバスルームにトイレが付いており、これで日本円で月額54,000円程度、これを高いと感じるか安いと感じるかは価値観次第ですが、勉強に全力投球できるならわたしは安いと思う。最近ではウクライナも外国資本が入って来ているため、最先端のビルが建築途中で、家賃相場は上昇中、学費が安い分、家賃に回すなどしてとにかく勉強に集中する環境整備が重要。また、大学までは徒歩8分程度の距離感です。

13階にある部屋の窓からの景色はこんな感じ

街はどんな感じかっていうと…

沢山写真で紹介したいところですが、とりあえず雰囲気だけで。深夜12時近くに街を歩いていてもまったく危険を感じない、100万人都市だけあり、週末のこの時間でも街は人で溢れてる。コロナが流行っている状況ではあるがバーやレストランは深夜営業しており、公衆衛生の観点からもアルコール除菌の対策はしっかり講じられているわけですよ。

食事

わたしの住んでいるアパートから200mほどの場所には24時間営業の大型スーパー(小さなモールも併設)されていて、日本(東京・杉並)で家族と暮らしていた時よりも、実は遥かに快適な生活を送っているのが実情なんですよね。それだけ快適です!ってお伝えしたいだけなのですが、

このサイズ感で、180円程度という破格の安さですよ。種類も豊富で何一つ不自由していません。たまに外食で済ませて勉強にその分集中する。費用対効果は抜群です。ちなみに、違う種類のピザ🍕もアップしておきますね。

毎日ピザか?って、いやいや違いますよ( ̄∇ ̄)

日本人が恋しくなるラーメンまであるんですよ!味噌ラーメンが^_^

それだけか?って、抹茶タピオカまで!!

このくらいにしておきます(笑)

スーパーには冷凍餃子が売っており、調理すればこんな感じで食事ができます↓

どうですか?上手に焼けてるでしょ( ̄ー ̄)ニヤ

少しはDniproで生活するイメージが湧いたのではないでしょうか。とにかく、お伝えしたいことはマスコミにより日本人に植え込まれた先入観を払拭することから始めてみてください。こちらの国はテレビをつければ50番組以上も見れるのが普通で、そこから様々な情報を得ることができます。しかし日本は放送法ってのがあり、そのせいで国民はマスコミに偏った情報を植え込まれ、いわばマインドコントロールされた状態になってますよね。

今回お伝えしたかったことは、生活スタイルを単にご紹介したかっただけではなく、こちらに来たいと思う皆さまに対して、ものごとの本質をしっかりと見極める力を養っていただきたいということもあり、少し本題から外れたことに関してもお話しさせていただきました。

今後の生活に関する情報配信を楽しみにしててくださいね^_^

PAGE TOP