ブログ一覧

無賃乗車は簡単!?:ソフィアの公共交通機関

最初に言っておきますが無賃乗車は簡単ですが絶対にしない方がよいです。なぜなら不定期に黒い服を着た監視員のような人たちが2人1組で乗り込んでおり、もし見つかれば罰金を払わなければなりません。1回の乗車で1.6レバ(約100円)ですが、見つかれば30レバという約20倍の額を払わなければならならなくなります。ヨーロッパを旅行などで訪れたことがある人は知っていると思いますが、1回の乗車でいくらというような方式が採用されています。この部分は目的地によって値段が変わってくる日本の方式とは完全に違っています。

公共交通機関の種類

前述したようにこれらの乗り物は1回の乗車で1.6レバです。ソフィア内はこの3種類で網羅されており、ほとんどどこにでも行くことができます。ソフィア空港からはバスとメトロがでており、どちらかを使ってセンター街に行くことができます。ソフィア医科大学にはトラムのライン7、バスのライン72の停留所、そして新設されたメトロの駅が近くにあるので、住むところを探すときに参考にしてみてもいいかもしれません。

Serdika Station

公共交通機関の乗り方

バス・トラム

いくつかの停留所の近くには小さなオフィスがありそこでチケットを事前に買うことができます。もしそのようなオフィスがない場合は、乗ってから直接運転手にお金を手渡してチケットをもらいます。これで終わりではなく下の写真のような黄色いマシンにチケットを差し込み、穴あけパッチンの要領でレバーを押し上げて穴をあけておかなければなりません。この作業をしていない場合も不正乗車の対象になり罰金を取られます。どんなに車内が満員で黄色いマシンのところまでたどり着けなかったとしても穴が開いてなければ問答無用で取られます[。>_<。]。チェックされるとチケットは破られます。チェックされないと何度も使うことができますが、それはあなたの良心にお任せします(笑)。

メトロ

メトロに関してはちゃんと改札のようなモノがあり不正乗車できないような仕組みになっています。まず券売機でチケットを買い、そのチケットのバーコードの部分を改札にかざすとゲートが開くような仕組みになっています。一回限りの読み取りで降車時には必要ないので、1回い通せば捨ててしまっても構いません。こちらはすごく簡単なので詳しい説明は省きます。

定期券や回数券

ソフィアに滞在目的であるのならば絶対に定期券を買うべきです。センター街のNDKという駅で作ることができますが、その際に学生であればブルーブック(学生であることを証明できるもの)とパスポートサイズの顔写真が必要です。学生の料金しか分かりませんが、1つのライン₊1か月で9レバ、すべてのライン₊1か月で約21レバです。ものすごく安いですよね( ̄ー ̄)ニヤ。カード代金が2レバで、1回で更新できるのは3か月までです。

旅行目的であるのならば1day 切符なるものがあり、すべてのラインを1日乗り放題で4レバです。ほかの国ほど豊富ではありませんが、観光用に3daysなどの複数のオプションがあります。これは大きなオフィスに行かなくても小さなオフィスや地下鉄の駅でも買えます。

まとめ

ここまでかなり丁寧に書いてきましたが、普通の観光地ならばこんな説明をしなくともすぐに理解できると思います。しかしブルガリアは英語表記がかなり少なく教えてくれる人がいないと理解するのは困難かもしれません。旅行などでブルガリアに来た際には参考にしていただければ幸いです。

関連記事一覧

PAGE TOP