【 対談 】 ドニプロ医科大学事務局 総代 Dr. Ali氏 × 弊社取締役

本日10月9日(金曜日)、ウクライナのドニプロ市にあるドニプロ医科大学事務局の総代であるDr. Aliと弊社取締役が、大学教育環境ならびに今後の日本人学生の現地受け入れ体制などを含めて対談を行った。これは、将来、日本からの留学生が日本に帰国した際、医師国家試験を受験するあたっての厚生労働省による書類審査の審査基準である「大学附属病院の状況、教員数等が日本の大学とほぼ等しいと認められること」に関して、現状大学側がこの要件をしっかりと満たしているか否かを改めて確認する目的から行われた。

1916年に設立されたドニプロ医科大学において、現状750名以上にも及ぶ教授陣と56の関連病院(うち38施設はウクライナ国家の保健省認定施設)、年間手術件数17,000件以上、分娩数900件以上と日本の医科大学のそれと比べても、全く見劣りすることがないことを確認済みである。

PAGE TOP